日焼け後の脱毛について

日焼けの肌ケアのアドバイス

背中を綺麗にするならどうすればいい?

 部分的に日焼けをしてしまった場合は脱毛施術は受けられない?

 

 背中が日焼けした場合、施術を断れる可能性があります。

 

サロンで背中脱毛をお願いする際、もし背中が日に焼けていたら施術を断られることがあるそうです。

 

その理由は、日焼けをすると肌は火傷をしたのと同じ状態となり、それが原因で施術時に痛みを感じやすくなるから
(自分では「大丈夫」だと思っていても、肌内部の乾燥やダメージは相当なものです)。

 

またフラッシュ脱毛の場合、肌の色が黒くなるとその色に光が反応してしまい、それもまた痛みの原因になります。
さらに日焼け後の肌のメラニンにも光が反応するので、それによってターゲットが分散し毛根に与えるダメージが弱まります。
それはすなわち、脱毛効果が低下してしまうということ。

 

このように日焼けした肌に脱毛の施術ができない理由はいくつかありますが、そもそも日焼け直後の肌はとってもセンシティブ。
そこへ「脱毛」という刺激を与えるのは、どう考えても良くないですよね。

 

日焼けは脱毛が終わってからにしましょう。

 

日焼けの対処法

とは言えどんなに気をつけているつもりでも、ついつい焼けてしまうのが背中。
もし日焼けをしてしまったら、まずはほてりが治まるまで待ちましょう。
そして保湿をたっぷりとすること。化粧水などで水分を補給し、その後はその水分を閉じ込めるためボディークリームを。
お風呂はぬるま湯程度にして熱いお湯は避け、また長時間の入浴も禁止です。
念のためサロンへの予約は(日焼けしてしまった日から)1ヵ月後くらい後にした方がよいかもしれません。

 

いずれにせよ脱毛中は日焼け止めクリームをこまめに塗るよにし、なるべく日に焼けないようにすることが大切です。

 

それでも中には「そんなのいちいち面倒くさい」と思う人もいるでしょう。
そんな人はいっそ、夏前ではなく来シーズンに備え秋から脱毛を始めてはいかが?
冬の間なら背中が日に焼けることはほとんどないし、夏の間のように「日に焼けない努力」をする必要はほとんどありません。
脱毛が完了する頃にちょうど夏が来て、その後は海へ行ったり山へ行ったり、どこでで好きなだけ日焼けしたい放題です。

 

と言っても日焼けはお肌にダメージを与えるばかりでなく、太陽の紫外線がシミやそばかすの原因にもなります。
やっぱり肌を焼くのは程々の方がいいようですね。

 


ホーム RSS購読