自己処理で背中脱毛

自己処理脱毛のメリットデメリット

自己処理による背中脱毛のメリット・デメリット

 

背中のムダ毛を自己処理する場合の方法は
「見えにくい」「産毛である」などということから、かなり限られてきます。

無理をすれば出来ないこともないのですが、
多くの場合は肌に負担をかけた上に大変不自然な格好で行わなければなりません。

 

カミソリ

メリット
  • 大変安価で行える。
  • いつでも手軽に行える。
デメリット
  • 背中は自分で見ることが難しく、肌を傷つけやすい。
  • 毛嚢炎や炎症を起こしやすく、色素沈着になる可能性も多い。
  • イングロウやそこから炎症を引き起こすこともある。
  • 刺激によって毛の太さが太くなる。

 

カミソリで行う処理から、肌の表面は「削られる」というを刺激を受けています。

この肌の表面が傷ついていることで、かゆみなどを伴うこともあります。

アフターケアはもっぱらクリームなどによる保湿を行う方法になります。

 

毛質が産毛であることが多ので、他の部位の程は
「毛が伸びてくるときのチクチク感」や「処理の頻度」を感じませんが、
見えにくいので大変自己処理が難しい場所です。

その分、傷をつけてしまうこともあるでしょう。

 

色素沈着なども、炎症を繰り返すことで起こります。

背中のムダ毛処理でカミソリを選択する場合は、プロの手による「シェービング」が適切でしょう。

自分で行うには、リスクが大きい部位です

毛抜きによる脱毛も体制的に難しいのが背中ですが、
仮に出来たとしてもカミソリ同様オススメできません。

 

電気シェーバー

メリット
  • 簡単。
  • 痛みがない。
  • アフターケアが行える。
  • 産毛であっても処理が可能で、肌への負担が少ない。
デメリット
  • 処理頻度が多い。
  • 滑らかな肌であるのは、処理直後のみ。

 

自己処理の中ではデメリットが少なく、安全な処理方法の一つです。

産毛であってもシェービング効果は得られ、毛の切り口を丸くするような処理を行ってくれることから
肌触りもそこまで不快ではありません。

肌への負担も軽くなるように設計されています。

 

しかし背中の処理にむいているかというと、自分一人ではかなり不自然な体制で行わなければなりません。

体が柔らかくなければ難しいこのしれませんね。

太くて濃い毛質であればスクラブなどのマッサージも行い、
保湿クリームなどでのアフターケアを行えば肌のトラブルを防ぐ事ができます。

背中のニキビなどがある場合は、あまりオススメできない処理方法です。

カミソリで行う処理と、頻度は変わりません。

 

家庭用電気脱毛器

メリット
  • 注意書きどおりに行うことで、肌を傷つけにくく、滑らかな脱毛後の肌を得ることが出来る。
  • 脱毛方法は光脱毛やレーザー脱毛と同じ。(価格は2万〜8万程度)
  • 脱毛頻度がかなり少ない。
デメリット
  • 画期的な減毛効果は得られない。
  • カートリッジ交換が必要。
  • 照射面が小さい。
  • 埋没毛、産毛、白髪などの処理は不可能。
  • 「硬毛化」「増毛化」のリスクがある。
  • 肌色を選び、ほくろやシミへの照射は行ってはならない。
  • ヤケドのリスクがある。
  • 痛い。

 

産毛であることが多い背中のムダ毛であり、エステと同じ方法による出力が小さい脱毛方法ですから
「硬毛化」「増毛化」のリスクがあります。

また背中が見えにくく、ほくろやシミへの照射を避けることが出来なければ、ヤケドを負う場合もあります。

背中は広い部位ですので、いつまでも処理が終わらないといった事もおこります。

家庭用電気脱毛器は、背中の自己処理にむいている脱毛方法とは言いがたいものだと思われます。

 


ホーム RSS購読